流産後のセックスはいつ安全ですか?

流産はどの母親にとっても望ましくなく、彼女の体と心に多大な犠牲を強います。 流産後、ほとんどの女性は、体に影響を与えずに、またすぐに妊娠することなく、どれだけ長くセックスできるかを気にします。

1.流産とは何ですか?

生後20週までに赤ちゃんを亡くした場合を 流産。 現在、アメリカ産科協会によると、流産率はすべての妊娠の10%から15%を占めており、流産の80%以上は胎児が12週齢になる前に発生します。

発生する可能性のある流産の種類は次のとおりです。

  • 完全な流産
  • 不完全な流産
  • 空の卵
  • 繰り返される流産
  • 子宮外妊娠
  • 流産の恐れ。

2.妊婦の流産の原因

流産の原因はたくさんあり、13週未満の流産は主に胎児が原因であり、14〜27週の流産は主に妊娠が原因です。母親。 流産の9つの主な原因は次のとおりです。

  • 染色体の問題:染色体が欠落している精子または卵子は、流産しやすい不完全な胎児の発育につながります
  • ホルモンの不均衡:量 プロゲステロン 母親の体に十分な量がないため、胎盤が剥がれやすく、子宮に付着しにくく、胎児が流産します。
  • 免疫障害:当然のことながら、母親の体は胎児の到着を受け入れず、流産につながります
  • 母親の健康状態:母親には、高血圧、糖尿病、貧血などの基礎疾患があります。 多嚢胞性卵巣 どちらも流産のリスクが高いです。
  • 感染症の妊婦:妊娠中、母親は次のような病気にかかります。 風疹、 梅毒、 HIV、マラリア…流産のリスクが高いです。
流産の歴史
流産は妻の健康と精神に大きな影響を与えます

さらに、食中毒、事故、腹部の外傷などの外的要因はすべて流産を引き起こすリスクがあります。 さらに、母親の子宮の異常も流産の原因です。

子宮頸部の裂け目または母親の子宮頸部が弱すぎます。

Quan-he-tinh-duc-qua-duong-hau-mon-co-de-lay-nhiem-hiv-khong-1
HIVに感染している妊婦は、流産のリスクが高くなります

3.流産後、何時にセックスをするべきですか?

流産からどれくらいの期間セックスができるかは、夫と妻の両方が気にかけ、学ぶべきことです。 通常、流産後、女性の膣はしばしば出血しますが、各人の場所によっては、この状況は1〜3日または7日も続きます。 この時点でセックスをしていると、リスクが高くなります 子宮感染症。 要するに、流産後、女性の体が完全に回復するのに2〜3週間かかり、ホルモンレベルは正常に戻り、セックスを再開できる最高の状態に達します。 一方、妻が化学的流産をしている場合、カップルは待つことなくかなり早くセックスを取り戻すことができます。 妊娠中の組織を切除する手術を受けると、回復時間が長くなり、完全に回復するまで待ってからセックスをする必要があります。

妻の体が回復するのに時間がかかることに加えて、流産の精神的影響は、後でセックスを分けるカーテンでもあります。 流産した女性は、真実を受け入れず、苦しんでいる状態に陥ることがよくあります。 うつ。 当時、多くの人は感情的に不十分だと感じていたので、夫と妻はお互いに落ち着いて、妻が完全に回復したときにセックスをする準備をする時間を与える必要があります。

セックス
流産後にセックスをすることは医者に相談されるべきです

4.流産後の受胎の可能性を高めるにはどうすればよいですか?

流産は、母親の心だけでなく体にも一定の影響を及ぼします。 では、流産後に妊娠する可能性をどのように高めますか? 受胎率を上げるためのヒントをいくつか紹介します。

  • 必要なビタミンの補給:妊娠中の女性のためにマルチビタミンを食べたり使用したりすることで、体のビタミンを補給することができます。 特にあなたはすべきです 葉酸サプリメント 妊娠1〜3ヶ月前。
  • 健康的なライフスタイル:十分な栄養素を摂取し、アルコール、ビール、タバコなどの刺激物を排除し、1日30分以上運動する必要があります。これにより、体の質が向上し、流産後のストレスが軽減されます。 さらに、夫は精子の質を改善するためにアルコール、ビール、タバコ、その他の刺激物を控え、妻が妊娠しやすくする必要があります。
  • 健康的なセックスライフ:少なくとも週に3回セックスをすることで、妊娠の可能性が大幅に高まり、さらに計算することができます 排卵時間 3〜4日前にセックスをすることで、他の時間よりも妊娠の可能性を高めることができます。 また、妊娠の可能性を高めるために、いくつかの性交体位を参照する必要があります。

健康状態に応じて、流産後、カップルはセックスをして次の妊娠の準備をすることを検討します。 したがって、健康な妊娠に備えるために、夫と妻の両方が妊娠する3〜5か月前に生殖の健康状態をチェックする必要があります。

妊娠前の予防接種:シングルショットまたはパックを取得する必要がありますか?
妊娠中の女性は妊娠する前にワクチン接種を受ける必要があります

妻は:

  • 妊娠前の予防接種 (特に 妊娠中の風疹は非常に危険なので、風疹を予防します)。
  • 遺伝子検査 妊娠前の遺伝病のスクリーニング
  • 空室状況を確認する 婦人科感染症 母親と胎児の健康を害することを避けてください
  • 特に 妊娠したい場合は35歳以上の女性 (特に妊娠したことがない)この年齢の妊娠にはしばしば問題があるため、非常に詳細な健康診断を受ける必要があります:卵巣機能不全、早産、胎児奇形のリスク、前置胎盤、子癇前症のジャークが高くなります。

夫はすべきです:

  • 生殖の健康状態をチェックし、精巣萎縮、生理的衰弱、精子の弱さなどの病気を検出します。
  • 最も性感染症は 非常に危険な不治の病

Vinmecは現在、カップル、妊娠中の母親、およびその胎児向けの包括的なヘルスケアプログラムを数多く用意しています。 基本的な婚前審査パッケージ高度な婚前審査パッケージ、プログラム パッケージマタニティ。 Vinmecには、産婦人科、IVF、幹細胞、遺伝子工学の分野で経験豊富な医師のチームがいます。 今日の最先端の生殖補助医療を同期的かつ包括的に展開することができます。

受精はどのように行われますか?