子供に必要なタンパク質の量は?

この記事は、Vinmec Central Park International General Hospital の栄養科 – 栄養科、小児科 – 新生児科の部長である Phan Nguyen Thanh Binh 博士によって書かれました。

タンパク質 – タンパク質は、子供の体の成長と発達に必要な重要な栄養素の 1 つです。 ただし、毎日の食事で子供の体に適切な量のタンパク質を使用する方法、子供が健康に成長し、成長するのを助けることは、保護者が注意を払う必要があることです.

1. 子供の発達のためのタンパク質

プロテインとも呼ばれる タンパク質、子供の体の発育に必要な栄養成分。 タンパク質は、体内の老化細胞の形成、維持、および置換において非常に重要な役割を果たします。 同時に酵母などの機能成分に関与し、 ホルモン、抗体、血液、…; 代謝に参加し、エネルギーを提供します。したがって、タンパク質が不足した食事は、子供の体に苦しむ原因になります. 栄養失調 深刻; 特に身長の発達に遅れのある子供; 貧血; 抵抗の減少; 感染しやすい…

子供用の粉を調理するために使用されるタンパク質
お子様の成長に必要な栄養を確保するためのタンパク質補給。

2. タンパク質の摂りすぎによる害

タンパク質の必要性 年齢や性別によって異なります。 タンパク質、 スターチ、 太い。 でんぷんと脂肪は、体がタンパク質を使用して組織を構築および再生するためのエネルギーを提供します。 タンパク質を食べすぎたり、でんぷんや脂肪が不足したりすると、体はタンパク質をエネルギーとして使わなければならず、この過程で多くの毒素が生成され、肝臓や腎臓に影響を与えます. これは親の過ちであり、母親は子供たちに栄養価の高い食べ物をたくさん与えることを好みます: 肉、魚、エビ、カニ…そして子供たちのバックグラウンドエネルギーの不足であるでんぷん (お粥、小麦粉) を提供します。 )、脂肪(食用油); これは子供の成長を遅らせます。 同時に、タンパク質はアレルギーを引き起こすリスクが高い栄養素でもあります。 これは、子供の成長遅延の主な原因の 1 つでもあります。

物質の4つのグループは、タンパク質、脂肪、でんぷん、ビタミン、ミネラルです
適切なタンパク質補給とは、エネルギーを生成する栄養素のバランスの取れた比率を提供することです.

3. 子供にタンパク質を提供する食品

肉、魚、卵、牛乳、豆類、特に大豆は、タンパク質の食料源です。 しかし、それぞれの種類の食品には異なる栄養上の利点があります。

牛乳と卵は、生物学的価値が最も高い 2 つの食料源です。 それに加えて、 乳糖 牛乳は、子供の身長の成長に不可欠なカルシウムの吸収にも役立ちます。 子供は 1 日あたり少なくとも 600 ~ 800 ml の牛乳を飲む必要があります。 親は子供に肉や魚を早く食べさせ、牛乳の摂取量を減らしたいという過ちを犯すことがよくあります。 これは、学校が子供たちに牛乳よりも多くの食事を与える就学前の学校でも起こります。 子どもたちは家にいるよりも学校で過ごす時間が長いため、学校に行くと牛乳の量が減ってしまいます。

その上、卵の数を週に2つに制限する習慣も間違いです. 成長期のお子様には必要です コレステロール 細胞膜と神経線維を構築します。 親は子供に 1 日 1 ~ 2 個の卵を与えることができますが、これはまだ非常に良いことです。 卵は ビタミンAが豊富な食品、免疫システムの発達と子供の視力に非常に適しています。 卵は柔らかくて噛みやすいので、子供は肉よりも卵を好むことが多く、これは母親が子供にタンパク質源を提供する方法を探している場合にも同様に重要です.

魚は豊かな食料源 オメガ3 良い DHA 神経と視覚の発達に非常に良いので、子供たちに毎日、または少なくとも週に3回魚を与える必要があります. 豆腐は、卵に匹敵する生物学的価値の高いタンパク源でもあり、毎日の子供のメニューに少し若い豆腐を加えることができます.

肉は多くを提供します アミノ酸 他の食品にはない必須の鉄分を多く含んでいます。 子供に肉を与えないと貧血になりやすいです。

したがって、肉、魚、豆腐、卵、牛乳のタンパク質源のバランスは、子供の発育にとって非常に重要です.

子供に推奨されるタンパク質と必須アミノ酸の要件:

子供のためのタンパク質と必須アミノ酸の推奨要件
子供のためのタンパク質と必須アミノ酸の推奨要件.

子どもたちが健やかに成長していくためには、量と質のバランスのとれた食事をする必要があります。 子どもたちに適切でバランスの取れた栄養が与えられないと、栄養過多または欠乏症につながり、身体的、精神的、運動能力の面で子どもの総合的な発達に悪影響を及ぼします。

適切に食べていない子供は、食欲不振、成長遅延、吸収不良などを引き起こす微量ミネラル欠乏症のリスクがあります.上記の兆候に気付いた場合、親は子供にサポート製品を補充する必要があります. リジン 亜鉛、クロム、セレン、ビタミン B などの必須微量ミネラルとビタミンは、子供の栄養ニーズを完全に満たすのに役立ちます。 同時に、これらの必須ビタミンは、消化をサポートし、栄養吸収を高め、食欲不振を改善し、子供たちがよく食べるのを助けます.

親はもっと学ぶことができます:

赤ちゃんの亜鉛欠乏症の兆候

子供の微量栄養素の欠乏と体重増加の失敗

頻繁にウェブサイトにアクセスしてください JapaneseHow.Com 赤ちゃんやご家族のお世話に役立つ情報を更新しています。