体重の増減は月経周期に影響しますか?

子を産み育てることは女性の使命であり、その決定的な要因は排卵と妊娠にあります。 これに密接に関連しているのは月経周期です。 そのため、今日の多くの女性は月経周期に注意を払っています。 では、どのような要因が月経周期に影響を与える可能性がありますか、体重増加は月経に影響を与えますか?

1.月経周期とは何ですか? なぜ月経周期が起こるのですか?

月経周期 思春期に入る女の子にとって画期的な出来事と考えられています。 卵巣には卵胞が含まれており、平均して、各女性は約400個の卵子を持っています。 サイクルごとに、卵巣は1個の卵子を放出します。 その間、子宮内膜は増殖して受精卵を待つ「巣」を形成します。 しかし、受精が起こらなければ、子宮内膜は脱落し、形成されます 月経周期月経血は膣口から出てきます。

2.体重増加は月経に影響しますか?

平均して、月経プロセスは3〜5日で発生し、2つの期間の通常の間隔は28〜35日であり、35日を超える場合は、 後期。 妊娠、ストレス、投薬など、後期の原因はたくさんありますが、過度の体重増加が月経に関係しているかどうかは、多くの女性が心配していることです。

女性は美しく生まれるため、見た目が気になることが多く、体が細すぎたり太りすぎたりすると不安になります。 多くの人が体重を増やしたり減らしたりするために薬を服用しています。 そのため、痩せた人は体重を増やすために一生懸命働き、体重が増えすぎます。皮膚や肉を持っている人は体重を減らすために一生懸命働き、体が時間内に適応しなくなります。 そうですか? 体重増加は月経に影響しますか? そうじゃない?

体重が増えると、短時間で体が3kg以上に急上昇し、体が大量に分泌するようになります エストロゲンホルモン が大きすぎると、これが月経を調節する主なホルモンであり、子宮内膜層が時間内に適応せず、月経異常を引き起こします。 この場合、女性は月経周期を安定させるために数ポンドを失う必要があります。

エストロゲン
体重が増えると、体はホルモンのエストロゲンを大量に分泌します

減量の状況と同様に、体重増加の場合、エストロゲンの量が多すぎる場合、ここではこのホルモンが低すぎます、移植する子宮の内壁をサポートするのに十分な材料がありません、このプロセスはゆっくりと起こり、月経周期に。月経が延長されます。 減量は科学的な方法で行われるべきであり、体が内部で起こっている変化にうまく適応することを確実にします。

3.閉経および閉経周辺期

閉経 これは、女性の卵巣が機能しなくなった段階です。つまり、卵巣の卵子がなくなり、月経がなくなり、女性は妊娠しなくなります。 通常、閉経は女性の45〜55歳前後に現れますが、思春期の時期や各人の卵子の量によっては、それより早くまたは遅くなることもあります。

閉経前 これは、閉経が実際に起こる前の期間です。 この段階で、女性の体は体内の異常なホルモンレベルのために特定の変化を起こし、月経もより不規則になり、時には遅く、早く、時には長く、時には短くなります。 多くの人はまた、のぼせ、過敏性、過敏性などを持っています…しかし、これらは女性が人生で経験する完全に正常な生理学的現象であり、あなたは完全に安心して休むことができます。

この記事を通して、私たちは月経、更年期障害についてもっと学び、良い食事をとり、適切に体重を管理することが非常に重要であることを学びます。 体重を増やすだけでなく 体重増加の丸薬は月経に影響を与えます 非常に大きいので、使用するときは注意が必要です。 これがすべての人にとって有用で有益な記事であることを願っています。

顧客が婦人科疾患を早期に発見して治療するのを助けるために、ビンメック国際総合病院は 基本的な婦人科検査およびスクリーニングパッケージ、顧客が病気を早期に発見するのを助け、治療を簡単かつ安価にします。 スクリーニングでは、症状がない場合でも、婦人科がん(子宮頸がん)を早期に発見します。

SKTQ-一般的なヘルスチェック
女性は定期的に健康状態をチェックして、婦人科疾患を早期に発見できるようにしています

女性のお客様向けの基本的な婦人科検査およびスクリーニングパッケージであり、年齢制限はなく、次の症状が見られる場合があります。

  • 異常な膣からの出血。
  • 月経の問題:不規則な期間、不規則な期間
  • 異常な膣分泌物(悪臭、通常とは異なる色)
  • 膣の痛みとかゆみ
  • 女性のお客様には、個人の衛生状態の悪さ、安全でない性別、中絶など、いくつかのリスク要因があります。
  • 女性のお客様には、次のような他の症状があります:異常な膣分泌物、かゆみ、親密な領域の痛み、異常な膣からの出血。