亜鉛が十分にある子供がよく食べるのはなぜですか?

亜鉛は多くの成分、特に体内に存在する酵素に関与し、タンパク質合成の増加を助け、成長を促進し、食欲を増進します。 したがって、適切な亜鉛補給を受けた子供は、亜鉛欠乏症の子供よりもよく食べ、発達する傾向があります。

1.消化器系における亜鉛の役割

亜鉛欠乏症が子供の食欲不振の主な原因の1つであることをご存知ですか? だから必要 拒食症の子供のための亜鉛サプリメント 食欲不振を予防および改善する効果的な方法です。 赤ちゃんがよく食べてよく吸収するのを手伝ってください

いくつかの研究はそれを示しました、 亜鉛欠乏症の子供たち 次のような危険な病気にかかりやすい 拒食症栄養失調、思春期遅発症、動きの悪さ、 消化器疾患…亜鉛欠乏症の子供は、食事量の減少、食欲不振、嘔吐、よく眠れない、夜泣く、成長遅延などの症状を示すことがよくあります。

亜鉛は多くの成分、特に体内の酵素に関与し、タンパク質合成、細胞分裂を促進し、成長を促進し、食欲を増進するので、子供にとって非常に重要になります。 亜鉛は、体内の約100種類の酵素の活性を刺激する元素であり、人体の生化学反応に重要な役割を果たしています。 亜鉛はまた、の機能の開発と維持を支援する能力を持っています 免疫系、体の免疫力を向上させ、外部からの危険因子の攻撃から体を保護します。

その上、亜鉛は私たちの嗅覚と味覚を保護するのにも役立ちます。 したがって、亜鉛が不足すると、味覚細胞の代謝に影響を及ぼし、味覚障害を引き起こします 味覚障害 子供の食欲不振、食欲不振につながります。

子供たちは亜鉛を補います
適切な亜鉛補給を受けた子供は食欲不振を改善します

2.なぜ子供たちは十分に食べ、亜鉛を適切に補給するのですか?

最近の研究では、亜鉛が多くの面で子供の発達に非常に重要な役割を果たしていることが証明されています。

亜鉛は、体の乾燥重量の数百万分の数しか占めていませんが、人間の健康において非常に重要な生物学的役割を果たしています。 またはの欠如 亜鉛が多すぎる 特に子供にとって、多くの深刻な病気につながる可能性があります。

子供は亜鉛で補います 十分かつ適切に、次のように子供の発達にいくつかのプラスの効果をもたらします:

  • 亜鉛は子供の体の成長にプラスの効果があります:亜鉛 子供たちがよく食べてよく眠るのを手伝ってください、吸収を増やし、タンパク質合成を増やし、細胞分裂をサポートし、味を保護するので、赤ちゃんの発育に重要な役割を果たします。 亜鉛欠乏症は、身長と体重の両方で成長遅延を引き起こし、骨の成長に影響を与える可能性があります。 最近の研究はまた、亜鉛欠乏が子供を作ることを示しています 思春期後期 性機能の低下。
  • 亜鉛 赤ちゃんがよく食べてよく吸収するのを手伝ってください:前述のように、亜鉛には味覚細胞と嗅覚細胞を維持および保護する能力があります。 亜鉛が不足すると、これらの細胞の代謝が影響を受け、食欲不振、味覚障害による食欲不振につながります。 食欲不振が長引くと栄養失調につながる可能性があり、長期的には赤ちゃんの成長と発達に影響を及ぼします。 子供は亜鉛で補います 適切な子供は、亜鉛欠乏症の子供よりもよく食べ、発達する傾向があります。

亜鉛は、体内の免疫システムの効果的な機能をサポートおよび維持します。これは、病気から体を保護し、傷の治癒を助けるために不可欠です。 亜鉛欠乏症は、以下を含むほとんどの免疫細胞の発達と機能を低下させます T細胞、B細胞およびマクロファージ。 長期的な亜鉛欠乏症は、免疫系の機能を損ない、感染症のリスクを高め、それによって子供の成長と発達を低下させ、栄養失調のリスクを高め、さらには子供の死亡さえも引き起こす可能性があります。

子供たちは亜鉛を補います
適切な亜鉛補給を受けた子供は、よりよく食べ、よりよく発達する傾向があります

3.赤ちゃんがよく食べてよく吸収するのを助けるために亜鉛を補給する方法

実際、亜鉛が豊富な食品は、エビ、ウナギ、カキ、コックル、豚レバー、牛乳、牛肉、卵黄、魚、大豆、油性ナッツ(アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツなど)です。 乳児の場合、母乳に含まれる亜鉛は牛乳よりもはるかに吸収されやすいため、亜鉛の主な供給源は母乳です。 最初の月の母乳中の亜鉛の量は約2〜3 mg / lで、3か月後は約0.9 mg / lです。 したがって、母乳育児中、母親はサプリメントに注意を払う必要があります 亜鉛が豊富な食品 毎日の食事で、母親と赤ちゃんの両方に十分な亜鉛を提供できるようにします。

世界保健機関(WHO)の推奨によれば、子供に必要な亜鉛の量は子供の年齢によって異なります。

  • 3ヶ月未満の子供は1日あたり約3mgの亜鉛を補給する必要があり、5ヶ月から12ヶ月の子供は5-8mg /日であり、1から10歳の子供は約10-15mg /日を必要とします。 これは、子供たちが最大の身体的発達に達するのを助けるために推奨される亜鉛の量です。
  • 若年成人と成人も、体が最も健康的に発達できるように、必要な量の亜鉛を補給する必要があります。これは、男性では15 mg /日、女性では12 mg /日です。
  • 妊娠中の女性は、毎日の食事に約15mgの亜鉛が必要です。
  • 年長の子供たちの場合、母親は食べ物を通して亜鉛を補うことができます。たとえば、50gの豚ロース肉には約2mgの亜鉛が含まれ、250gのヨーグルトには1.6mgの亜鉛が含まれ、鶏の胸肉の半分には1mgの亜鉛が含まれています。赤ちゃんが亜鉛を最もよく吸収するためには、母親も補足する必要があります 子供のためのビタミンC オレンジ、レモン、タンジェリン、グレープフルーツなどの利用可能なビタミンCが豊富な新鮮な果物から…

要約すると、亜鉛は子供の体の成長と発達において最も重要な要素の1つです。 したがって、適切で正しい亜鉛補給は 子供たちがよく食べるのを助ける方法、成長率を維持し、免疫システムとタンパク質合成を強化します。

亜鉛の補給に加えて、赤ちゃんは次のような必須微量栄養素を追加する必要があります。 セレン、クロム、ビタミンB1およびB6、生姜、アセロラ果実抽出物(ビタミンC)、…味を改善し、よく食べ、正しい身長と体重に達し、基準を超え、優れた免疫システムを持ち、より少ない耐性を強化する病気で消化の悪い問題。

症状の改善は長期間続く可能性があるため、食品または機能性食品のいずれかを介して子供に栄養素を補給するときは、親が落ち着いて持続することをお勧めします。 特に、機能性食品の使用は、吸収されやすい天然由来のものを選択するか、多くの種類を同時に使用することを許可しないか、機能性食品の種類を継続的に変更する必要があります。

各年齢の栄養に関する知識と育児については、保護者が定期的にWebサイトにアクセスする必要があります。 JAPANESEHOW.COM 子供の健康に関するアドバイスが必要な場合は、ビンメック国際総合病院の主要な小児科医や栄養士に予約を入れてください。